やっかむものは、幸せならず。
私は、自分のオウムをねたんでいた男の子を知っている。
男の子は、オウムと同じくらいきちんと、習ったことを覚えてられたらなあ、と思っていたのだ。


(楽譜内から引用)